アルコール検知器にまつわるお知らせ

交通事故防止対策の知識を深めて安全運転

2024.04.26コラム

交通事故防止のカギは教育

交通事故を未然に防ぐために、企業は、運転手に向けて教育と訓練を行う必要があります。
企業は運転手を対象に、プロフェッショナルな運転技術の研修や、注意力を高める安全運転講座を定期的に提供する必要があります。

また、最新の安全技術が搭載された車両を導入することも効果的です。
これらの取り組みにより、運転中におけるリスクを大幅に減らすことが可能です。
企業が交通事故防止の取り組みを行うことで、事故率を低下させ、運転手や一般市民の安全を守ることが可能です。

安全運転管理者は、運転者に対して、自動車の安全な運転を確保するため「交通安全教育指針」に基づく交通安全教育を行うことが義務付けられています。
(道路交通法第74条の3第3項)

「交通安全教育指針」では、安全運転管理者が交通安全教育を効果的、かつ、適切に行うための基本的な心構えとして、下記の項目を挙げています。
安全運転管理者の業務内容(道路交通法施行規則第9条の10)

  1. 交通安全教育の意義についての理解
  2. 受講者の特性等に応じた教育の内容及び方法の選択
  3. 受講者の理解を深める交通安全教育の実施
  4. 参加・体験・実践型の教育手法の活用
  5. 交通安全教育の効果の測定
  6. 社会情勢等に応じた交通安全教育の内容の見直し
  7. 受講者のプライバシーへの配慮
  8. 関係機関・団体相互の連携

交通安全教育を行う際には、これらの項目について理解しておく必要があります。

交通安全教育の重要性を理解させる

交通安全教育は、事業所から交通事故や違反をなくすために行うものです。
目的を見失って、ただ実施しているだけの交通安全教育とならないようにしましょう。
効果的な交通安全教育を実施するためには、運転者の理解と協力を得ることが不可欠です。
まずは、運転者に交通安全教育の重要性を伝えることから始めましょう。

交通事故を防ぐためには、交通ルールの理解と遵守が不可欠です。
運転者自身が正確にルールを守ることが安全運転の基本であり、企業も社内研修を通じて従業員に正しい交通ルールの知識と意識を浸透させる必要があります。

交通事故を未然に防ぐ!効果的な対策と予防方法

運転者と企業の安全管理担当者は協力して、交通事故を未然に防ぐために具体的な対策を講じる必要があります。
運転者は運転前の点検を徹底することを基本とし、タイヤの空気圧やブレーキの効き、ライトの点灯確認などを行いましょう。

さらに、スマートフォンの使用を控えるなどの基本的な安全意識を持ち、定期的な安全運転研修を実施し、社員の意識を統一させることも事故予防に繋がります。

安全不確認を防止する対策

運転者は事前に事故リスクを把握し、全方位カメラや後方警告システムなどの安全装備を活用し、車両点検前の確認を徹底します。
安全管理担当者は運転者に対して徹底して教育を行い、安全操作を心がけましょう。

わき見運転や動静不注視を防止する対策

運転中のスマートフォン利用を制限し、音声による注意喚起システムを導入することで、わき見運転や注意不足を防止これにより、運転者は周囲の状況に集中し、事故リスクを低減させることが期待されます。

運転操作不適を防止する対策

運転操作のミスは交通事故につながるため、運転操作のプロフェッショナルなスキル向上が不可欠です。
そのためには、シミュレーターを使用した運転訓練プログラムが有効です。
この訓練では、実際の運転状況を再現し、緊急時の操作を反復練習できます。

また、専門のドライビングスクールでは、事故防止に特化した指導や危険予知能力の養成も行われます。
これらの取り組みにより、安全管理担当者や運転手のリスク管理能力が向上し、無事故運転が実現される手助けとなります。

運転スキル不足に対する対策

特に4月に新生活が始まると多くの若者が運転手としてのキャリアをスタートします。
若者運転手に対しては、事故リスクが高い時期に運転技能の向上を図るための取り組みが必要です。
定期的な運転技能チェックや事例共有を通じて、若者の安全意識を高め、運転スキルの向上をしていく必要があります。

参加・体験できる交通安全教育を実施する

安全運転管理者が一方的に講義を行うだけの交通安全教育では、運転者は受け身になるだけであまり効果は上がりません。
「参加・体験」できるものを取り入れ、運転者に積極的に取り組んでもらえるようにしましょう。

運転者が「参加・体験」できる教育には、

ドラレコの設置

ドライブレコーダーの映像等をもとに、運転行動についてグループで討議させて、安全な運転方法を話し合う。
日常的に運転行動を録画することで、ドライバーは自己の運転スタイルを見直し、安全運転を心がけるようになります。
事故発生時の映像記録により、事故原因の解明や責任の所在を明らかにし、事故の防止に役立ちます。

実車を使用した運転指導

実車を使用した運転指導を行い、「バック駐車のポイント」や、「内輪差」などについて体験させる。
定期的なドライビングレッスンにより、運転技術だけでなく緊急時の対応力も向上します。

ヒヤリハット

ヒヤリハットの経験から学んだ対策、交通事故リスクの高い場所では速度を抑え、注意喚起のサインを設置します。ヒヤリマップの作成をし、事故が発生した場所や危険が感じられたポイントを視覚的に示し、ドライバーがリスクを意識しやすくなります。

継続的な教育体制の確立

交通安全教育を行った後には、その前後で交通事故の発生件数を比較するなどして、効果を測定することが大切です。
運転者にもフィードバックをすることで、運転者の意欲が向上し、その後の交通安全教育への取組み度合いも増進するという好循環につなげていくことができます。

まとめ

交通事故の防止には、運転者の意識向上企業の安全対策の両面が重要です。
運転者は常に安全運転の基本を心掛け、最新の技術や防止策を積極的に取り入れることが求められます。
また、企業は定期的な教育研修を通じて運転者のスキル向上を促し、安全な運転環境を整備することが必要です。
個人と組織の協力によって、交通事故のリスクを効果的に低減することが可能となります。

弊社には「ASK認定飲酒運転防止インストラクター」が3名在籍しております。

お客様向けに、身につけた知識や予防ノウハウを使った、無料のセミナーや研修にて飲酒運転防止教育を行う事ができます。お気軽にお問合せ下さい。

安全運転管理者/飲酒運転防止インストラクターが回答!
このQ&Aは役に立ちましたか?
  • はい (0)
  • いいえ (0)

アルコールマネージャー®とは

アルコールマネージャー®は、高精度の燃料電池式センサー技術により、非常に正確なアルコール濃度の測定が可能。
スマートフォンとの連携やクラウドベースでのデータ分析など、最新技術を取り入れた本製品は、主にプロフェッショナル向けとして、多くの法執行機関や医療機関で使われています。
世界初のスマートフォン用アルコール検知器として10年の長い経験と実績を持ち、その技術力とイノベーションで業界をリードし続けます。

アルコールマネージャー®2週間無料トライアル
2週間無料トライアル

アルコールマネージャー®導入企業様の声

このページを見た人は、こちらのお知らせも見ています

アルコール検知器関連でご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

マンガで読める無料資料請求