アルコール検知器にまつわるお知らせ

企業におけるアルコール検知器の使用義務化:いつから始まるのか?

2023.05.30コラム

2022年4月、日本の道路交通法が改正され、アルコール検知器の使用が法人に対して義務付けられました。
これは飲酒運転による事故増加を受けての厳格化策として行われました。
その結果、企業におけるアルコール検知器の利用が要求されるようになったのです。

使用義務化の延期とその理由

使用義務化の延期とその理由

もともとは2022年10月からアルコール検知器の使用が義務化される予定でしたが、世界的な半導体不足により、アルコール検知器の供給が十分ではないため、義務化の正式な実施は「供給が安定するまで延期される」と発表されました。

【2023年12月施行】検知器によるアルコールチェックが義務化されました。

現在の状況と注意点

現在の状況と注意点

そのため、法人がアルコール検知器を使ったアルコールチェックを義務的に行うべき具体的な開始日はまだ公表されていません

【2023年12月施行】検知器によるアルコールチェックが義務化されました。

しかし、義務化が延期された際に、以下のような事項に注意を払うよう通知されました。

できるだけ早くアルコール検知器を必要な数確保する努力をすること。
アルコール検知器を既に導入している事業所では、法的な義務ではないものの、これを使用して飲酒運転の確認を行うよう努めること。
これにより、法人は飲酒運転を予防し、安全運転を推進することが求められます。

安全運転管理者制度に関する留意事項について(通達)

適切なアルコール検知器の選び方

適切なアルコール検知器の選び方

アルコール検知器の使用が正式に義務化されるまでの期間は、各法人が自社のニーズに最適なアルコール検知器を選ぶための準備期間と捉えることができます。

企業が抱く疑問とその解決法

企業が抱く疑問とその解決法

しかし、「どのようなアルコール検知器を選べばよいのか?」、「どのように安全運転管理を進めていけば良いのか?」といった疑問を持つ法人も多く見受けられます。

そんな企業様のために、私たちはお客様のニーズに応じたアドバイスや提案を行います。
アルコール検知器の選択やその他の疑問点について、どんな小さな質問でも、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

企業におけるアルコール検知器の使用義務化:いつから始まるのか?のまとめ

最後に、法人の皆様へ、安全な運転環境を実現するためにも早期にアルコール検知器の導入をお勧めします。
そして、この記事がアルコール検知器の義務化に向けてのあなたの一歩となることを願っています。

このQ&Aは役に立ちましたか?
  • はい (0)
  • いいえ (0)

アルコールマネージャー®とは

アルコールマネージャー®は、高精度の燃料電池式センサー技術により、非常に正確なアルコール濃度の測定が可能。
スマートフォンとの連携やクラウドベースでのデータ分析など、最新技術を取り入れた本製品は、主にプロフェッショナル向けとして、多くの法執行機関や医療機関で使われています。
世界初のスマートフォン用アルコール検知器として10年の長い経験と実績を持ち、その技術力とイノベーションで業界をリードし続けます。

アルコールマネージャー®2週間無料トライアル
2週間無料トライアル

アルコールマネージャー®導入企業様の声

このページを見た人は、こちらのお知らせも見ています

アルコール検知器関連でご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

マンガで読める無料資料請求