スマホ連動のアルコールチェッカーの特徴やメリットを徹底解説

投稿日:2022.10.07お知らせ

道路交通法の改定によって、使用義務化を控えているアルコールチェッカー。
どのように導入していくかを検討している企業様も多いのではないでしょうか。

実はアルコールチェッカーは大きくわけて2種類のタイプがあります。
これまでは据え置き型が主流でしたが、現在はスマホと連動できる携帯型に人気が集まっています。

そこで今回は、スマホ連動のアルコールチェッカーの特徴やメリットなどについて解説します。

スマホ連動のアルコールチェッカーとは/据え置き型と携帯型

スマホ連動のアルコールチェッカーとは

アルコールチェッカーには、据え置き型と携帯できるタイプの2種類あります。

据え置き型は社内に設置して使用します。
通勤している従業員が多く、事務所で出勤や退勤の管理をしている場合にオススメです。

据え置き型は測定可能回数が多く、測定もスピーディにおこなえるものがほとんど。
検査の必要な人数が多く、次々と数値を測定したい場合に適しています。

また、管理者や補助者の目の前で検査できるので、測定結果をごまかすことができないので、安全性も高いです。

ただし、通勤途中や業務の最中の飲酒運転までは確認できません。
自動車通勤している従業員の飲酒管理もしたい」というコンプライアンス意識を持っている企業にとっては、据え置き型では不十分です。

その点、携帯型であればどこでも使用できます。
直行直帰が多かったり、早朝や深夜の出発・戻りが多かったりするケース。

また、テレワークなどの在宅勤務の多い企業での導入にぴったりです。

携帯型は測定すると本体に記録が残るので、後からのデータ移行なども簡単ですが、スマホと連動させればシステムへ自動送信することもできます。
そのため、データの管理や保管もスムーズです。

スマホ連動できる携帯型アルコールチェッカーのメリット

スマホ連動できる携帯型アルコールチェッカーのメリット

携帯型のメリットは、以下のとおりです。

データの送信・管理が簡単
スマホ連動できるタイプは、記録がシステムに自動送信されます。
そのため、検査結果を手書きで記録したり、別途データを移したりする必要がありません。
また、「1年間の記録保存義務」に対応した長期間の保存にも適しています。

さらに、運転管理者や補助者は送信されたデータを随時確認できます。
たとえば、早朝勤務の従業員の検査結果を、PCやスマホを使って、自宅の布団の中から確認することも可能です。

データの改ざんの心配がない
手書きで管理をすると、数値の書き換えなどの不正がおこなわれる可能性があります。
しかし、スマホ連動できるタイプでは、測定結果がそのまま保存されるので、データの改ざんができません。

測定する際は、測定した人の名前はもちろん、写真や時間なども同時に記録されます。
そのため、異常値が出たからといって何度も計測したり、他の人に測定をしてもらったりする、という不正がおこなわれる心配がないのです。

今アルコールチェッカーの中でも、スマホ連動タイプは在庫が少なくなっています。

コロナの影響で、据え置きよりも従業員ごとに持たせたい、感染症対策もしっかりしたい、という企業様の多さが伺えます。

もちろん、携帯型を従業員ごとに持たせるにはコストがかかりますし、しっかりと利用できる仕組みを構築する必要もあります。

しかし、測定結果の記録や保存、破棄などデータ管理を効率的におこなえます。
さらに、従業員の飲酒運転をなくすことができるので、安全・安心につながります。

アルコールチェッカーの導入や買い替えを検討している企業様は、ぜひスマホ連動できる携帯型もご検討ください。

まとめ

スマホ連動できる携帯型のアルコールチェッカーの特徴やメリットまとめ

スマホ連動できる携帯型のアルコールチェッカーの特徴やメリットについて解説しました。

日々の業務負担を軽減しつつ、従業員の飲酒運転の管理をしっかりとおこないたいという企業様は増えています。

そのため、アルコール検知器 アルコールマネージャー® BACtrack®を緊急で増産しており、在庫を確保してお待ちしております。
購入後はすぐに使用できますし、本格的な義務化に備えることが可能です。

すでに安定して運用できている企業様は、コンプライアンス優良企業として取引先やお客様から安心と信頼を得られています。

アルコール検知器 アルコールマネージャー® BACtrack®を見つけていただいた企業様、次は御社が「飲酒運転管理」をきっかけに、お取引先様やお客様からの株を上げる番です!
導入をご検討の企業様からのお問い合わせをお待ちしております。

このQ&Aは役に立ちましたか?
  • はい (0)
  • いいえ (0)

このページを見た人は、こちらのお知らせも見ています

その他に関して確認したい場合はこちら

お問い合わせ

2週間無料トライアル受付中!