アルコール検知器にまつわるお知らせ

保守!アルコール検知器には有効期限がある!~大切な保守・メンテナンスとは?~

2024.01.11コラム

企業と社会の安全運転を支えるために

春が近づくこの時期、早期に検知器を準備されていた企業でアルコール検知器の導入から1年が経過しようとしているのではないでしょうか。
特に昨年12月からは、白ナンバー車両に対するアルコール検知器の設置とその保守が法律により義務付けられました
しかし、それらの企業が直面しているのは、予想外の保守費用の高さです。
場合によっては購入時と同等のコストが発生しており、これには多くの企業が驚いています。

さて、ではここで改めて、アルコールチェッカーの保守について、具体的にどのような点に注意すべきか、見ていきましょう。
特に初めてメンテナンスを迎えようとしている企業様はぜひご確認ください。

毎日のチェックポイント

電源の確認
検知器が正常に起動するかを確認します。
これは基本中の基本ですが、意外と見落とされがちな点です。
ボタンの調整や、ケーブル接続またはBluetooth接続なども確認しましょう。
検知器の損傷の有無
物理的な損傷がないかを確認することも重要です。
日常的な使用による摩耗や損傷が起こっていないか確認を行いましょう。

週次のチェックリスト

非飲酒状態での正確な検知確認
アルコールを含まない状態の人が検知器を使った場合、正しくアルコールを検知しないことを確認します。
アルコール噴霧後の検知確認
口内にアルコール含有の液体を噴霧した後、検知器がアルコールを確実に検知するかをテストします。

このチェックは、検知器が正確なアルコール濃度を測定できるかどうかを保証するために不可欠です。

アルコールチェッカーの有効期限について

アルコール検知器は永久に使用できる訳ではありません
一般的に、使用期限は約半年から1年、使用回数の上限は約1,000回から数万回とされています。
よく見るのは、「1年経過、または、測定回数○回のどちらか早い方のタイミング」のような表現です。

この場合、こちらを予め確認しておくことが必要です。

ちなみに、1人1台個人で所持させる場合では、通常1年という節目の方が先に訪れる可能性の方が高いです。

期限または、測定回数が過ぎると、センサーの校正・交換や、機器の更新が必要になります。
これはセンサーが使用によって劣化するためで、正確なアルコール濃度を測定するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

メンテナンス費用の現実

メンテナンス費用は、検知器によって異なりますが、大体の平均として約10,000円から20,000円程度が必要です。
これは年に1回、1台あたりの費用です。
初めてのメンテナンス時には、多くの企業がこの費用の高さに驚かされます。

コスト削減の落とし穴

半導体式センサーのリスク
ただし、そこでコストを削減しようとして安価な検知器を選ぶと、その多くは精度が不安定な半導体式センサーを採用していることが多いのが実情です。
これには、非常に重大なリスクが伴います。

誤検知のリスク
飲酒していないにもかかわらず、アルコールが検知される場合があります。
これにより、無実の運転者が不当な扱いを受ける可能性があります。
飲酒運転の見逃しリスク
さらに深刻なのは、飲酒しているにもかかわらず、アルコール成分を見逃すケースです。
この場合、飲酒運転を阻止できず、重大な交通事故につながる恐れがあります。
企業としては、このような事態が発生した場合、社会的影響は計り知れないものになります。
不正確な検知器の使用は、企業の信用失墜だけでなく、人命に関わる問題となり得るのです。

したがって、コスト削減を目指す際には、これらのリスクをしっかりと理解し、信頼性の高い検知器の選択が求められます。
安価な検知器の誘惑に負けず、企業の社会的責任と従業員の安全を最優先に考えるべきです。
これは、単なるコスト問題ではなく、企業倫理と安全管理の根幹に関わる問題なのです。

アルコールマネージャー®という選択

そうした中で、アルコールマネージャー®(アルマネ®)は、以下のような特徴を持ち、おすすめです。

まとめ

アルコールチェッカーの正確な機能を維持するためには、適切なメンテナンスと有効期限の確認が不可欠です。
安全運転を守るため、アルコール検知器のメンテナンスと有効期限の確認を習慣化し、信頼性と品質の高い検知器を選ぶことが重要です。

安全とコストパフォーマンスのバランスを保ち、企業、社員、そして地域社会の安全を守るために、検知器の適切な管理と利用を心がけましょう。

このQ&Aは役に立ちましたか?
  • はい (0)
  • いいえ (0)

アルコールマネージャー®とは

アルコールマネージャー®は、高精度の燃料電池式センサー技術により、非常に正確なアルコール濃度の測定が可能。
スマートフォンとの連携やクラウドベースでのデータ分析など、最新技術を取り入れた本製品は、主にプロフェッショナル向けとして、多くの法執行機関や医療機関で使われています。
世界初のスマートフォン用アルコール検知器として10年の長い経験と実績を持ち、その技術力とイノベーションで業界をリードし続けます。

アルコールマネージャー®2週間無料トライアル
2週間無料トライアル

アルコールマネージャー®導入企業様の声

このページを見た人は、こちらのお知らせも見ています

アルコール検知器関連でご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

延長保証サービス