アルコール検知器にまつわるお知らせ

忘年会シーズン到来!あなたのお酒の飲み方は大丈夫?

2023.12.11コラム

忘年会や新年会など、年末年始はお酒のトラブルが増える季節です。
この時期になると増えるのが、忘年会などの飲み会行事。
お酒の飲み過ぎは寿命を縮め、重大な病気の引き金になることが多いです。

そのため、年末年始にお酒を楽しむ際は注意が必要です。
こうした季節における飲酒の危険性について考えてみましょう。

お酒と健康被害 – 知っておくべきリスク

お酒は体に悪いことはよく知られていますが、飲酒の回数が増え、深酒に陥りやすい季節でもあります。
飲酒は健康にさまざまな影響を及ぼすことが明らかになっています。

精神疾患、心血管疾患、肝硬変、がんなどの主要な危険因子とされており、健康に害を及ぼす可能性が高いのです。
さらに、飲酒による死亡も問題となっており、WHOの報告によれば、自殺を含む飲酒に関連した死亡がすべての死の3.8%を占めています。

飲酒の健康被害はさまざまで、特にアルコール依存症や肝臓障害に関連するリスクが高まります。
飲酒量が増えると寿命が短くなる可能性もあり、週に純アルコール量200g以上の習慣的な飲酒は、寿命を1~2年、週当たり360gを超えると寿命を4~5年縮めることがわかっています。

また、飲酒は副次的な健康被害や社会的な影響も引き起こします。
飲酒により食事の選択が健康に悪影響を及ぼすことがあるほか、交通事故や暴力などの社会的な問題も招く可能性があります。
飲酒が原因で起こる路上寝こみによる交通事故や、飲酒による脳の攻撃性の増加などが報告されています。

このような飲酒の危険性を再確認し、年末年始のお酒の飲み過ぎには注意しましょう!
飲酒は健康被害だけでなく、社会的な問題を引き起こす可能性もあるため、理性を保ちながら飲むことが大切です。
お酒を楽しむ場面で自分に合った飲み方を考え、健康を害さずに楽しい時間を過ごしましょう。
飲酒は楽しみつつも、健康と安全に留意することが大切です。

アルコール摂取の際に以下の点に注意しましょう。

自分の健康と安全を守りながら、楽しい年末年始を過ごしましょう。

飲酒が招く社会的な問題 – 予防策と注意点

自分では大丈夫だと思っていても、体内のアルコールが消失するには意外と時間がかかります。
アルコールは、飲酒後7~8時間ほど体内に残っていると言われており、お酒に弱い人などは、さらに時間がかかることも考えられます。
そのため、深夜まで飲酒していると朝になっても体内にアルコールが残っているかもしれません。

こうした意外と抜けないアルコールに注意が必要です。
アルコールチェッカーを活用して、しっかりとチェックすることが重要です。

飲酒運転が社会問題となっている現代において、白ナンバー車でも、業務開始前後のアルコールチェックが義務化となっています。
飲酒運転は本人だけでなく、周囲にも甚大な被害をもたらすため、徹底した管理が必要です。

本人は大丈夫だと思っていても、実は体内にアルコールが残っていた、という状況も考えられます。

そのため、企業様においては、国家公安委員会が定めるアルコール検知器の中でも、導入の際は精度の高いアルコール検知器を選んでください。
それにより、従業員の安全が守られ、企業としてのコンプライアンス意識の高さも社内に伝達することができるようになります。

賢い飲酒の管理と対策 – 安全な忘年会を楽しむために

精度の高いアルコール検知器の導入にはコストがかかったり、利用するにあたって仕組みの構築をしたり、現場の負担も大きくなります。
しかし、企業様には従業員や周囲の安全を守る義務もあります。

企業様に応じて、適切なアルコールチェッカーは異なります。
アルコール検知器の導入を検討されている場合は、ぜひ一度ご相談ください。
お悩みを解決するための、お手伝いさせていただきます。

このQ&Aは役に立ちましたか?
  • はい (0)
  • いいえ (0)

アルコールマネージャー®とは

アルコールマネージャー®は、高精度の燃料電池式センサー技術により、非常に正確なアルコール濃度の測定が可能。
スマートフォンとの連携やクラウドベースでのデータ分析など、最新技術を取り入れた本製品は、主にプロフェッショナル向けとして、多くの法執行機関や医療機関で使われています。
世界初のスマートフォン用アルコール検知器として10年の長い経験と実績を持ち、その技術力とイノベーションで業界をリードし続けます。

アルコールマネージャー®2週間無料トライアル
2週間無料トライアル

アルコールマネージャー®導入企業様の声

このページを見た人は、こちらのお知らせも見ています

アルコール検知器関連でご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

延長保証サービス