福岡で改正道路交通法施行前に事業者対象の訓練

投稿日:2022.03.30外部ニュース

2022年4月1日の「改正道路交通法施行規則」の一部施行に伴い、事業者に従業員のアルコールチェックが義務づけられるのを前に30日、福岡市で約20の事業者を対象とした訓練が実施されました。

乗車定員11人以上の車や、車を5台以上保有する事業者は、安全運転管理者を置く必要があります。

4月1日に施行される「改正道路交通法施行規則」では、安全運転管理者に従業員が運転する前後のアルコールチェックと、1年間の記録保存を義務づけられます。

今回の訓練では、酒気帯び役の警察官の顔色や目の充血、臭いなどを確認しました。

なお、2022年10月からは、アルコールチェッカーの導入も義務づけられます。

弊社では、無料セミナー「法改正で、白ナンバー車両を所有する事業者が必要な対応とは」を定期的に開催しております。

また、現在アルコールマネージャーは在庫がありますので、即納可能です!

改正道路交通法に対応するアルコールチェッカー アルコールマネージャー BACtrackに関するお問い合わせもお気軽にそどうぞ。

このQ&Aは役に立ちましたか?
  • はい (0)
  • いいえ (0)

このページを見た人は、こちらのお知らせも見ています。

アルコールマネージャー BACtrackのお問い合わせについて

超小型アルコール検知器 アルコールマネージャーの新サービス開始のお知らせ

業務用システムに新たな機能が追加されました

2月18日(金) 休業のお知らせ

アルコールマネージャー自体の消毒について

その他に関して確認したい場合はこちら

お問い合わせ