アルコール検知器にまつわるお知らせ

福岡で改正道路交通法施行前に事業者対象の訓練

2022.03.30ニュース

2022年4月1日の「改正道路交通法施行規則」の一部施行に伴い、事業者に従業員のアルコールチェックが義務づけられるのを前に30日、福岡市で約20の事業者を対象とした訓練が実施されました。

乗車定員11人以上の車や、車を5台以上保有する事業者は、安全運転管理者を置く必要があります。

4月1日に施行される「改正道路交通法施行規則」では、安全運転管理者に従業員が運転する前後のアルコールチェックと、1年間の記録保存を義務づけられます。

今回の訓練では、酒気帯び役の警察官の顔色や目の充血、臭いなどを確認しました。

なお、2022年10月からは、アルコールチェッカーの導入も義務づけられます。

弊社では、無料セミナーを定期的に開催しております。

また、現在アルコールマネージャー®は在庫がありますので、即納可能です!

改正道路交通法に対応するアルコールチェッカー アルコールマネージャー®に関するお問い合わせもお気軽にそどうぞ。

このQ&Aは役に立ちましたか?
  • はい (0)
  • いいえ (0)

アルコールマネージャー®とは

アルコールマネージャー®は、高精度の燃料電池式センサー技術により、非常に正確なアルコール濃度の測定が可能。
スマートフォンとの連携やクラウドベースでのデータ分析など、最新技術を取り入れた本製品は、主にプロフェッショナル向けとして、多くの法執行機関や医療機関で使われています。
世界初のスマートフォン用アルコール検知器として10年の長い経験と実績を持ち、その技術力とイノベーションで業界をリードし続けます。

アルコールマネージャー®2週間無料トライアル
2週間無料トライアル

アルコールマネージャー®導入企業様の声

このページを見た人は、こちらのお知らせも見ています

アルコール検知器関連でご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

マンガで読める無料資料請求