よくあるお問い合わせ

キーワードで探す

カテゴリから探す

アルコールマネージャー®本体の耐用年数はどれくらいなの?

投稿日:2022年7月8日

アルコールチェッカー アルコールマネージャー® BACtrack®の耐用年数はおよそ5~7年とご案内しています。

ハイエンドモデルのアルコールマネージャー® Pro BACtrack® Mobile V2の充電池は、リチウムイオン電池を搭載しています。
リチウムイオン電池は、一般的に充放電500回ほどご利用いただくことが可能です。

また、アルコールマネージャー® BACtrack®は、1回のフル充電で約150回計測を行っていただくことができます。

これを単純計算すると、100年ほど利用可能な計算になりますが、実際のところ、もう少しこまめに充電をされると考えられます。

ですので、目安としては耐用年数5~7年。

これは、お手持ちのスマートフォンの耐用年数と同じようなイメージでお考えいただけるかと存じます。
※一般的に冷蔵庫や洗濯機などの家電は、耐用年数7~10年とされています

もちろん使い方次第では、それ以上長くご利用が可能な場合もございます。

アルコールマネージャー® BACtrack®は、1年に1回または1,000回に1度のキャリブレーション(センサーの校正)を行いながら、長くご利用いただける点でも、半導体式アルコール検知器のような使い捨てではないため、環境問題に取り組む企業様にもメリットのある携帯型アルコール検知器と言えます。

————————————-
「SDGs」に取り組む企業様なら
長期利用のできる検知器がおすすめです!
————————————-

アルコール検知器のセンサーは使用するほど汚れます。
そして測定可能回数や期間を超えると、

【パターン1】
1年程度で使い捨てが前提のアルコール検知器を買い替え
・毎年買い替え ・廃棄したらゴミ
主に半導体式、一部の燃料電池式(電気化学式)

【パターン2】
クリーニングと校正を行い長期利用
・毎年の買い替えは不要 ・ゴミの削減
​​主に燃料電池式(電気化学式)

アルコールマネージャー® BACtrack®は、【パターン2】に該当します。
これは、SDGs「Goal12」の取り組みです。

このQ&Aは役に立ちましたか?
  • はい (2)
  • いいえ (0)

このページを見た人は、こちらのQ&Aも見ています。

問題が解決しない場合はこちら

お問い合わせ

カテゴリー

2週間無料トライアル受付中!