アルコール検知器によくあるお問い合わせ

安全運転管理者が確認できない時はどうしたら良いのでしょうか?

投稿日:2022年6月23日

安全運転管理者が不在の時や確認が困難な場合は、「副安全運転管理者」や「安全運転管理者の業務を補助する者」でも大丈夫です。

補助者については、それぞれの事業所で適任者を人選してください。
補助者への資格要件などの制限はありません。

安全運転管理者の責任の下、適任者を選定し、その業務を補助するよう指導が必要になってきます。
補助者が確認する際のマニュアルなどを作成して対応ができるようにしていきましょう。

酒気帯び確認を業務委託して実施することも可能です。

このQ&Aは役に立ちましたか?
  • はい (4)
  • いいえ (0)

このページを見た人は、こちらのQ&Aも見ています

2週間無料トライアル

アルコール検知器関連でご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

延長保証サービス