蒸しパンがTwitterトレンド入り!?その理由は?

投稿日:2022.11.01お知らせ

蒸しパンがTwitterトレンド入り

2022年11月1日、Twitterで「蒸しパン」がトレンド入り。
高槻市の市営バスにおいて、運転手が乗車前のアルコールチェックでアルコールが検知されたことが発端でした。

なんと、運転手は「出勤前に蒸しパンを食べて」アルコールが検知されてしまったのです!

検知されたアルコール数値は、0.11mg/L(呼気1L中に0.11mg)。
Twitter上では
飲酒ではないのに?
お酒と蒸しパンに含まれるアルコールの程度の差は考慮されないの?
などの、アルコール検知器に対する様々な声が上がりました。

しかしながら、アルコール検知器は「飲酒検知器」ではないため、
「お酒を飲んだ」ことと「微量にお酒を含んだものを食べた」の違いは判断しません。

即ち、そこにアルコール成分があれば、正確にその数値をはじき出すのです。
むしろアルコール成分があるのに、数値を計測しない方が大問題ではないでしょうか。

蒸しパンに含まれる微量なアルコール成分を正確に検知した面からも、市営バスでは高精度なアルコール検知器を導入して業務行っていることがわかります。
これは日ごろ高槻市のバスを利用する高槻市民からすれば、大変安心な情報とも言えますよね。

アルコール検知器を取り扱うメーカー各社は、弊社も含めサイト上などで日頃より情報を発信しています。
その中でもお役立ていただけるだろう情報のひとつが「飲酒をしていないのにアルコールが検知された場合」についてです。

「飲酒をしていないのにアルコールが検知された場合」について

飲酒をしていないのにアルコールが検知された場合

■アルコール検知器を利用する15分前から控えたい事

■アルコール検知してしまった場合の対応

その他、反応が出やすい食べ物や添加物、日用雑貨、アルコール検知器の保管環境、利用場所の環境など、様々な部分について。
飲酒してないのにアルコール検知器で誤反応?さまざまな事例を解説!」を参考にしてください。

また、いわゆる誤検知についてはアルコール以外の成分への反応など様々な部分で差が出ることもあり、注意が必要です。
そういった情報も含めたまとめは、「アルコール検知器に関するニュース」をご覧ください。

その他、ご不明なことや気になることは、お気軽にご相談ください。

夜飲んだお酒がまだ体内に残っている場合

注意しなければいけないのは、実際に、夜飲んだお酒がまだ体内に残っている場合です。
中ジョッキ1杯のビールなら、アルコールが抜けるまで個人差はあれど、4~5時間かかります。
それを超えての飲酒ならばそれ以上の時間がかかり、翌朝のアルコールチェックで引っ掛かるのは当然と言えます。

精度の安定したアルコール検知器を利用し、注意事項を守って、飲酒の自己管理もしながら、日々の安全運転にぜひお役立ていただければ幸いです。

このQ&Aは役に立ちましたか?
  • はい (0)
  • いいえ (0)

このページを見た人は、こちらのお知らせも見ています

その他に関して確認したい場合はこちら

お問い合わせ

2週間無料トライアル受付中!